企業・職場において、職員は何よりの財産であり、職員の持てる能力を発揮してもらうことは重要です。しかし、近年は、メンタルヘルス不調による休職や退職、自死に至る事例もあります。

 全職員、職場全体のメンタルヘルス対策を充実することは、職場の活性化につながり、職場環境改善につながります。

 今回は、労働と健康問題、働き盛り世代の自殺対策などに携われてきた山内貴史氏を講師にお招きし、職場のメンタルヘルス対策、職場改善についての事例を交えた講演をいただきます。

 ぜひご参加ください。


↑上記画像をクリックするとpdfファイルが開きます。

対象

企業、事業所等の管理者、労務管理者、健康管理者等
(武蔵野市・三鷹市・府中市・調布市・小金井市・狛江市を優先)

日時

令和2年3月4日(水)午後3時~午後5時

会場

東京都多摩府中保健所 5F 講堂
(府中市宮西町1-26-1 東京都府中合同庁舎内)

内容

「これで職場を活性化!メンタルヘルス対策を活用した職場づくり」
・職場でメンタルヘルス対策に取り組む意味
・一次予防と早期発見介入
・ストレスチェックの活用 等

講師

東京慈恵会医科大学医学部環境保健医学講座
講師 山内 貴史 氏

受講料

無料

お申込み・お問合せ

下記受講申込書をFAXで送付ください。
(締切:2月26日(水))

受講申込書

東京都多摩府中保健所企画調整課 企画調整担当 臼井
TEL042-362-2334(代) FAX042-360-2144