本年7月、「働き方改革関連法」の公布、新たな「過労死等の防止のための対策に関する大綱」の閣議決定が行われました。

都内においても、依然として長時間労働の問題が認められることから、昨年に引き続き11月を「過重労働解消キャンペーン」期間と定め、長時間労働削減の取組を推進することとしました。

今年のキャンペーンでは、以下の取組を行います。

無料電話相談

「過重労働解消相談ダイヤル」(無料)を全国一斉に実施し、東京労働局などの担当官が相談に対する助言・指導を行います。

11月4日(日)9:00~17:00
0120-794-713

過重労働解消キャンペーンパンフレット

個別訪問説明

労働基準法の基礎知識から改正労働基準法の内容まで、働き方改革の進め方にお悩みの中小企業の事業主または労務責任者に対し、労働基準監督署の職員(相談・支援担当)や東京働き方改革推進支援センターの専門家が個別に訪問して、丁寧に説明します。費用はかかりません。

個別訪問申込書

過労死等防止対策推進シンポジウム

近年、働き過ぎやパワーハラスメント等の労働問題によって多くの方の尊い命や心身の健康が損なわれ深刻な社会問題となっています。
本シンポジウムでは有識者や過労死をされた方のご遺族にもご登壇をいただき、過労死等の現状や課題、防止対策について探ります。

11月 6日(火) 14:00~17:00 イイノホール(千代田区)
11月14日(水) 17:00~19:30 町田市文化交流センター(町田市)

情報提供先

東京労働局