【中小企業等新型コロナウイルス感染予防対策助成事業】

感染予防対策に助成金が受けられます!

<助成率2/3>

 調布市商工会では、市内の事業者が新型コロナウイルス感染予防対策として実施する備品購入や工事費用について、3分の2を助成します。

 本助成金は、東京都中小企業振興公社の「令和2年度新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン等に基づく対策実行支援事業」の要件をもとに、都制度では対象とならない期間の備品購入や工事費用だけでなく、対象要件にも関わらず助成金上限に達してしまい、対象にできなかった工事等、対象経費外となる費用を対象とした助成金です。

 お客様や従業員を感染から守るうえで欠かせない取組みを商工会は応援します。

※参考
公益財団法人東京都中小企業振興公社 感染予防対策ガイドライン実行支援事業ホームページ

 

補助対象の内容

助成対象経費(対象経費の算定は、税抜金額)

  1. 備品購入費【単価3万円以上10万円未満が対象】
    助成限度額10万円
    ●助成率:2/3
    ●都制度の助成対象期間外(※)の契約による備品購入については単価10万円以上も対象
  2.  

  3. 工事費
    助成限度額50万円
    ●助成率:2/3

    次のいずれかの場合に利用できます
    (1)都制度の助成金を活用した工事(都制度の申請段階でも商工会への申請は可)
      ●都制度の助成を受けた工事とは別項目の工事が対象
      ●市内業者に発注した工事が対象

    (2)都制度の助成対象期間外(※)の工事
      ●市内業者以外に発注した工事も対象
     (※)契約日が4/1~5/13,都制度の受付が終了後のもの

 
◎注意事項
●他の助成制度の該当となる場合は,対象外
●複数案件合算可能(申請は上記①,②それぞれ期間中に1回まで)

 助成対象期間 令和2年4月1日から10月31日まで
 申請受付期間 令和2年7月17日から10月30日まで


※1 都制度の助成対象期間外(契約日が4/1~5/13・都制度の受付が終了した後)は、単価10万円以上の備品も対象
※2 都制度の助成対象期間外(契約日が4/1~5/13・都制度の受付が終了した後)は、市内業者以外に発注した工事も対象

 

助成金対象確認フローチャート


※クリックするとpdfファイルが開きます

 

新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン

 

事業概要

対象事業所

調布市内に事業所を構え営業している中小企業等
(調布市商工会に加入、または加入が見込まれる事業者)
 ただし、次に掲げるものは除く。
(1)大企業が実質的に経営に参画している中小企業
(2)医療法人、社会福祉法人、学校法人、公益社団法人等

申込み(申請)

【受付期間】
令和2年10月30日(金)必着(予算額に達した場合は受付を終了します。)

【申 込 先】
調布市商工会(持参または郵送)

【必要書類】
□申請書
□見積書、価格表示のあるカタログ等の写し
□工事の場合は図面等の工事内容が分かるもの
□事業所所在地が分かるもの(確定申告書・開業届など)※商工会員は不要
□その他、商工会長が必要と認めた書類

審査・決定

申込み受付後、随時審査(書類審査および必要に応じ現地調査)を行い可否を決定します。【令和2年3月31日以前に発注したものは対象となりません。】

完了期日

令和2年10月31日までに事業を完了し、11月30日までに完了届を提出してください。

助成金交付

完了報告書の内容を確認し、助成金を振込みます。

申込みから助成金の交付まで

要綱・申請書

交付要綱

交付申請書

完了報告書

交付請求書

お問い合わせ

【中小企業等新型コロナウイルス感染予防対策助成金】
調布市商工会 事務局(平日9:00~17:30)
住所:〒182-0026 小島町2-36-21
電話:042-485-2214 (担当:五十嵐・中村)

【新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン等に基づく対策実行支援事業】
東京都中小企業振興公社 感染予防地策ガイドライン実行支援事務局
電話 03-4326-8174