<労働セミナー>

~働き方改革関連法対応~

企業の労働時間管理と安全配慮義務

今年4月に働き方改革関連法が施行され、労働時間法制の大改革が図られました。これにより、「罰則付き時間外労働の上限規制」や「36協定届の変更」、「労働時間の状況の把握の義務化」など、労働時間について、これまで以上に厳格な管理が求められることになりました。

そこで、本セミナーでは、法改正の内容を正確に理解し、労働者の労働時間管理や健康管理を適正に行えるよう、注意しておきたいポイントや実務上の留意点について、わかりやすく解説します。

※中小企業における時間外労働の上限規制の適用は、2020年4月からとなります。

日時・内容

9月5日(木曜日)14時00分~16時00分
◎ 労働基準法改正への対応
・ 時間外労働の上限規制
・ 新36協定の締結と運用時の留意点
・ 年次有給休暇の確実な取得(時季指定義務)

9月12日(木曜日)14時00分~16時00分
◎ 労働安全衛生法改正への対応
・ 労働時間概念の整理
・ 労働時間の状況の把握方法と注意点
・ 安全配慮義務と労災
・ 長時間労働防止への対策

講師

弁護士 町田悠生子 氏

会場

東京都八王子労政会館(京王八王子) 2階 第1会議室

対象

使用者、人事労務担当者、テーマに関心のある方

受講料

無料

定員

100名(先着順・要予約)

お申込み

TOKYOはたらくネットホームページよりお申込み下さい

お問合せ

東京都労働相談情報センター八王子事務所 事業普及担当
電話:042-643-0278
FAX:042-645-7185

主催

東京都労働相談情報センター八王子事務所

共催

八王子市、調布市、町田市、八王子商工会議所、公益社団法人八王子法人会
調布市商工会、町田商工会議所